プログラマー育成会

2020年問題 -IT業界はプログラマー不足?-

近年ITの普及率はスマートフォンの発売をもって一気に上昇し、インターネットを使用した事のある人はほぼ100%に達したと言われています。ところが、この市場を支えるプログラマーの育成が作業量に追い付かず深刻な人材不足と言えます。現時点で1つの企業に必要とされるプログラマーはおよそ100人です。

わたし達の試み

 

「障がい者プログラマー育成会」とは当社が事務局となり、

複数の福祉施設が合同で研修を希望する利用者に対し、

学習面において積極的なサポートを行う試みです。

プログラムは日々更新されるため、独学で習得することは困難です。

そこで業界で活躍しているIT企業 株式会社 フリースタイル様によるプログラマー育成カリキュラムにより、

受講者の疑問やつまづきを一緒に解決しながらスキルアップを目指します。

 

株式会社 フリースタイル (http://freestyles.jp/)

 

プログラマー育成カリキュラム

 

当カリキュラムでは、受講者に同じ内容の課題が配布されますが、

全員が同じペースで学習することが目的ではありません。

事前知識がある方はより実践的な練習を。

初めて挑戦する方は基礎構文の学習を。

分からないまま進むことが無いように、

個々が自分のペースで学習を行います。

 

初めてプログラムに触れる方はJava入門から入り、

初級・中級・上級・マスターとステップアップ方式でプログラマーに必要なスキル習得します。

[画像] プログラマー育成プログラムを受講する当施設の利用者
株式会社フローラ フローラホールディングス